日本衛生学会森林医学研究会
The Society of Forest Medicine within the Japanese Society for Hygiene
トップへ      
研究会概要
 ├研究会紹介     
 ├研究会規則     
 └世話人リスト    
新着情報(ニュース)
シンポジウム・研究集会
 ├シンポジウム    
 └研究集会      
森林浴に関する報道
 ├テレビ       
 ├ラジオ       
 ├新聞        
 └その他       
論文・書籍・特許
 ├英語論文      
 ├日本語論文     
 ├中国語論文     
 ├単行本       
 └特許        
森林浴写真     
入会案内      
リンク       
関連情報      
ご賛同への謝意   

Total
Today
Yesterday

関連情報(Related Information)


※最新のものから最大500件まで表示されます。
森林浴体験10要領 〔更新: 2009/01/28 18:38 〕
森林浴を体験する時、以下の10要領が参考になります。

1. 森林浴の運動量は平日の運動量または自分の体力に合わせて疲れないスケジュールを立てること。

2. 森での散策は、1日の場合、4時間、5キロが目安で、半日の場合、2時間、2.5キロが目安。

3. 疲れが出たら、随時に休憩を取ること。

4. 喉が渇いたら、随時に水分を補給すること。

5. 自分の好きな森または好きな景色(場所)を見つけること。

好きな場所を見つけたら、そこで読書でも良いし、ただベンチに座って景色を眺めてもよいでしょう。

6. 余裕があれば、森林浴後、温泉に入ることを勧めます。

7. 癒し効果の目的に応じて森林浴コースを選択すること。

8. 免疫能を高める目的ならば、2泊3日のスケジュールを推奨します。

9. リラックスだけの目的なら、日帰りコースとして都内とか近所の森でも有効です。

10. 但し、森林浴は、あくまでも疾病の予防法で、病気になったら、まず医者に見てもらうことを勧めます。

(文責 李卿、転載は厳禁)

森林浴(大人の休日より) 〔更新: 2008/12/07 22:43 〕
雑誌「大人の休日」が5月号の創刊号で森林浴に関する記事がありました。

タイトル
森のパワーでストレス緩和
がん予防効果も!

http://www.jreast.co.jp/otona/zipang/pdf/zipang_200805.pdf

詳細は→http://forest-medicine.com/pdf/DSC04581.JPG

森林浴で免疫力アップ 〔更新: 2008/12/07 22:36 〕
詳細は→http://forest-medicine.com/pdf/SF0810p24_25.pdf

森林浴の効果 〔更新: 2008/07/08 18:05 〕
これまでの研究成果をまとめてみると、以下の森林浴効果が実証されました。

1. 森林浴が抗癌免疫機能を高めるので、癌になりにくい体づくりができる。

2. 森林浴は、活気を上昇させ、緊張・不安、抑うつ・落ち込み、敵意・怒り、混乱、疲労の症状を有意に低下させ、「うつ状態」の改善に有効。

3. ストレス軽減、特に精神的ストレスに有効。

4. 森林浴が、血圧と血糖値を低下させ、「メタボリックンドローム」の予防にも有効。

5. リラックス効果、脳の鎮静化

森林浴・森林セラピーの要領 〔更新: 2008/07/08 17:35 〕
1. 運動量は平日の運動量または自分の体力に合わせて疲れないスケジュールを立てること。
2. 疲れが出たら、随時に休憩を取ること。
3. 1日の場合、4時間、5キロが目安で、半日の場合、2時間、2.5キロが目安である。
4. 自分の好きな森または好きな景色(場所)を見つけること。
好きな場所を見つけて、読書でも良いし、ただベンチに座って景色を眺めてもよい。
5. 余裕があれば、森林浴後、温泉に入ることを勧める。
癒し効果の目的に応じて森林浴コースを選択すること。
6. 免疫能を高める目的ならば、2泊3日のスケジュールを推奨する。
森林浴が抗癌免疫機能を高めるので、癌になりにくい体づくりができる。
7. 持続効果からみると、月に1度2泊3日の森林浴をすれば、生体が常に高い抗癌免疫機能を維持できる。
8. 但し、リラックスだけの目的なら、日帰りコースとして都内とか近所の森でも有効である。
10. 半日の森林浴でも疲労の自覚症状は有意に低下し、特に精神的疲労症状は約4倍以上低下したことから、森林浴は、精神的疲労回復には、より有効であることが明らかとなった。
11. 森林浴は、活気の得点を有意に上昇させ、緊張・不安、抑うつ・落ち込み、敵意・怒り、混乱、疲労の得点を有意に低下させ、「うつ状態」の改善に有効。
12. また森林浴が、血圧と血糖値を低下させ、最近話題になっている「メタボリックンドローム」の予防にも有効。
13. 但し、森林浴(セラピー)は、あくまでも疾病の予防法で、病気になったら、まず医者に見てもらうことを勧める。
(文責 李卿)

A book related to Forest Medicine 〔更新: 2008/03/01 23:08 〕
Title of the book
Natural Killer T-Cells: Roles, Interactions, and Interventions

Editors: Nathan V. Fournier

Book Description:
Natural killer T (NKT) cells are a heterogeneous group of T cells that share properties of both T cells and natural killer (NK) cells. Many of these cells recognize the non-polymorphic CD1d molecule, an antigen-presenting molecule that binds self- and foreign lipids and glycolipids. Upon activation, NK T cells are able to produce large quantities of interferon-gamma, IL-4, and granulocyte-macrophage colony-stimulating factor, as well as multiple other cytokines and chemokines (such as IL-2 and TNF-alpha). NKT cells seem to be essential for several aspects of immunity because their dysfunction or deficiency has been shown to lead to the development of autoimmune diseases (such as diabetes or atherosclerosis) and cancers. NKT cells have recently been implicated in the disease progression of human asthma. The clinical potential of NKT cells lies in the rapid release of cytokines (such as IL-2, IFN-gamma, TNF-alpha, and IL-4) that promote or suppress different immune responses.

Table of Contents:
Preface

NKT Cell-associated Diseases and Related-treatments
(Tan Jinquan, Li Li, Wang Li, Department of Immunology, Wuhan University School of Basic Medical Sciences, China)

Lifestyle and Natural Killer Activity (related to Forest Medicine)
(Kanehisa Morimoto, Osaka University Graduate School of Medicine, Japan, Qing Li, Nippon Medical School, Japan)

Organophosphorus Compounds Inhibit Natural Killer Cell Activity
(Qing Li, Department of Hygiene and Public Health, Nippon Medical School, Japan)

NKT Cells: Dual Role in Tumor Immunosurveillance and Implications in Cancer Immunotherapy
(Sergiy S. Olishevsky, Alexandra L. Sevko, Volodymyr O. Shlyakhovenko, R.E. Kavetsky Institute of Experimental Pathology, Oncology and Radiobiology of National Academy of Sciences of Ukraine)

Natural killer T Cells in Peripheral Tolerance
(Michael Nowak, Beth Israel Deaconess Medical Center Harvard Medical School, Boston)

Possible Clinical Use of NK Cells for the Control of Hematologic Malignancies
(Giovanni F. Torelli, Roberta Maggio, Maria G. Mascolo, Department of Cellular Biotechnologies and Hematology, University “La Sapienza”, Italy)

*Natural Killer Cell Receptor NKG2A/HLA-E Interaction Dependent Differential Thymopoiesis of Hematopoietic Progenitor Cells Influences the Outcome of HIV Infection (Edmond J. Yunis, Viviana Romero and Prasad Koka)

Optimizing the Use of BETA Glycolipids as NKT Cell Ligands
(Tomer Adar, Ami Ben Ya'acov, Gadi Lalazar, Hebrew University, Hadassah Medical Center, Israel)

Index


Binding: Hardcover
Pub. Date: 2008, 2nd Quarter

ISBN: 978-1-60456-287-3

https://www.novapublishers.com/catalog/product_info.php?products_id=6812

現在、作成中・・・ 〔更新: 2008/01/23 19:53 〕
現在、作成中・・・
今後、追加・更新いたします。
しばらくお待ち下さい。

⇒編集Edit 


最終更新:2009/01/28 18:38 (水)