日本衛生学会森林医学研究会
The Society of Forest Medicine within the Japanese Society for Hygiene
トップへ      
研究会概要
 ├研究会紹介     
 ├研究会規則     
 └世話人リスト    
新着情報(ニュース)
シンポジウム・研究集会
 ├シンポジウム    
 └研究集会      
森林浴に関する報道
 ├テレビ       
 ├ラジオ       
 ├新聞        
 └その他       
論文・書籍・特許
 ├英語論文      
 ├日本語論文     
 ├中国語論文     
 ├単行本       
 └特許        
森林浴写真     
入会案内      
リンク       
関連情報      
ご賛同への謝意   

Total
Today
Yesterday

日本語論文 (List of Japanese papers)


※最新のものから最大500件まで表示されます。
2009_No.01J 〔更新: 2009/11/24 17:38 〕
李 卿
森林浴の効果 (特集 代替医療を科学する)
アンチ・エイジング医学 5(3), (20) 362 12316;367, 2009/6
http://forest-medicine.com/pdf/anti-aging.pdf

2008_No.01J 〔更新: 2009/11/24 17:36 〕
李卿
森林浴の生体免疫機能\\\への効果.日本医事新報 第4389号,66-68(2008年6月7日発行)
http://forest-medicine.com/pdf/li2008j.pdf

2007_No.04J 〔更新: 2008/01/30 17:55 〕
古橋 卓、朴 範鎭、恒次祐子、平野秀樹、香川隆英、宮崎良文.生理指標を用いた森林浴の評価(7)−長野県木島平村カヤの平高原を事例として−日林関東支論 58:219-222,2007

2007_No.03J 〔更新: 2008/01/30 15:24 〕
李卿.森林セラピーによる免疫能の向上.農林水産技術研究ジャーナル 30(7): 34-39, 2007.

2007_No.02J 〔更新: 2008/01/30 15:16 〕
恒次祐子、宮崎良文.生理応答に基づく森林環境・森林系環境要素の快適性評価.木材工業 62(10):442-447,2007

2007_No.01J 〔更新: 2008/01/30 15:15 〕
宮崎良文.特集 緑地と精神・健康 森林セラピーと快適性.環境情報科学 35(4):26-30,2007

2005_No.03J 〔更新: 2008/01/30 15:13 〕
恒次祐子、森川岳、宮崎良文.木材の香りによるリラクゼーション効果.木材工業 60(11):598-602,2005

2005_No.02J 〔更新: 2008/01/30 15:11 〕
平松靖、宮崎良文.木材の香り物質によるダニ防除効果.木材工業 60(11):606-608, 2005

2006_No.08J 〔更新: 2008/01/23 15:35 〕
宮崎良文.自然と快適性 におい・かおり環境学会誌 37(4) 271-277,2006

2006_No.07J 〔更新: 2008/01/23 15:34 〕
李卿、川田智之、朴範鎮、宮崎良文.森林セラピーの生理的リラックス効果ならびにガン抑制効果.ブレインテクノニュ―ス 114:28−32, 2006.

2006_No.06J 〔更新: 2008/01/23 15:34 〕
宮崎良文.森林セラピーの生理的効果の科学的解明 森林技術 768 18-22,2006.

2006_No.05J 〔更新: 2008/01/23 15:33 〕
李卿.森林浴がヒトNK(ナチュラル・キラー)細胞を活性化.森林技術 768:13−17,2006.

2006_No.04J 〔更新: 2008/01/23 15:33 〕
朴範鎭、石井秀樹、古橋卓、李妍受、恒次祐子、森川岳、平野秀樹、香川隆英、宮崎良文.生理指標を用いた森林浴の評価(1)−1)HRV(心拍変動性)を指標として− 日林関東支論 57:33-34,2006

2006_No.03J 〔更新: 2008/01/23 15:32 〕
恒次祐子、朴範鎭、石井秀樹、古橋卓、李妍受、森川岳、平野秀樹、香川隆英、宮崎良文.生理指標を用いた森林浴の評価(1)−2)唾液中コルチゾールならびに分泌型免疫グロブリンAを指標として−日林関東支論 57:35-36,2006

2006_No.02J 〔更新: 2008/01/23 15:32 〕
朴範鎭、李妍受、石井秀樹、綛谷珠美、藤稿亜矢子、森川岳、恒次祐子、平野秀樹、香川隆英、宮崎良文.生理指標を用いた森林浴の評価(2)−唾液中コルチゾールならびに分泌型免疫グロブリンAを指標としてー日林関東支論 57:37-38,2006

2006_No.01J 〔更新: 2008/01/23 15:31 〕
綛谷珠美、山口昌樹、朴範鎭、宮崎良文、香川隆英.唾液アミラーゼとPOMSを指標とした森林浴による生理的・心理的効果 日林関東支論 57:39-40,2006

2005_No.01J 〔更新: 2008/01/23 15:31 〕
高山範理、香川隆英、綛谷珠美、朴範鎭、恒次祐子、大石康彦、平野秀樹、宮崎良文.森林浴における光/温熱環境の快適性に関する研究 日本造園学会誌 ランドスケープ研究 68(5):819-824, 2005

⇒編集Edit 


最終更新:2009/11/24 17:38 (火)